全ビジネス文書



平成〇年〇月〇日

 

株式会社アーバン

 販売課長 八坂朱実様

                            株式会社KAP

営業課長 高原友則 

 

注文品不足のご照会(ご回答)

 

拝啓 時下ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。

 さて、ご指摘の納品数違いについて、調査いたしました。

 貴社伝票(○月○日付NO.23)でご注文をいただいた折、注文数200個に対し、当社の在庫が120個しかございませんでしたので、貴社営業部の○○様にお電話でご相談申し上げましたところ、今月はとりあえずすぐに必要な100個のみをお納めし、残りに関しては来月あらためて必要数をご注文くださるというお話をいただきました。

 つきましては、誠に恐縮ですが、以上の経過につきご確認くださるようお願い申し上げます。

 なお、○月○日以降でしたら、残り100個について納品が可能ですので、ご連絡いただければすぐに対応させていただきます。当社の在庫不足によりご不便をおかけすることになり、申し訳ございませんでした。

敬具