全ビジネス文書



拝復 早春の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

 さて、このたび高山様には代表取締役社長の重職にご就任の由、慶賀の至りに存じます。

 高山様の類い希なるご人望とご実績をもってすれば、いずれはこの職にお就きになり、いかんなくご才腕を発揮されることと常日頃から信じておりました。この上は日頃のご抱負を実現され、ますますご活躍されることを期待しております。今後はますます多忙を極めると存じますので、ご自愛のほどをお祈りいたしております。

 なお、別便で心ばかりのお祝いの品をお送りいたしましたので、ご笑納くだされば幸いに存じます。

 まずは略儀ながら書面をもって一言お祝い申し上げます。

敬具

 

平成〇年〇月〇日

                           板倉商事株式会社

代表取締役社長 渡辺徳昭