全ビジネス文書



拝啓 初秋の候、ますますご清祥の由お喜び申し上げます。平素は格別のご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、このたび当社技術顧問高崎幸一が古希の賀寿を迎えます。当社創業から技術畑一筋で働き、今日なお現役で活躍し、この日を無事迎えられたのもひとえにお取引先各位のご支援ご芳情の賜と、本人はもとより当社一同深く感謝いたします。

 つきましては、下記の通り日頃親しくしていただいております方々をお招きして、祝宴を催すことになりました。

 ご多用中誠に恐縮ではございますが、お繰り合わせの上、ぜひともご来席くださいますよう謹んでお願い申し上げます。

 まずは略儀ながら書面をもってお礼かたがたご案内申し上げます。

敬具

平成〇年〇月〇日

                           石倉工業株式会社

代表取締役社長 安達和彦

 

       日 時  〇月〇日(〇)午後〇時~〇時

       会 場  銀座京急ホテル 弥生の間 電話03-000-0000

            銀座駅A12出口徒歩1分 駐車場120台(無料)

 

 なお、お手数ですが、同封のはがきにて〇月〇日(〇)までにご出欠をお知らせいただければ幸いです。

以上