全ビジネス文書



拝啓 初秋の候、ますますご清祥の由お喜び申し上げます。平素は格別のご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、このたび「葵会」の主催を務められております東京工業株式会社の代表取締役会長井藤和一様には、〇月〇日をもってめでたく古希の賀寿をお迎えになります。誠に慶賀の至りに存じます。

 常日頃私どもがご指導いただくようになってから、すでに〇年を経過していますが、いつも仕事に対する若々しい情熱を持ち続けるお姿に、改めて感服いたす次第でございます。

 つきましては、井藤様の古希を言祝ぎ、なお一層のご健康とご活躍を祈念するとともに、日頃一同に集まる機会が少ない会員各位の懇親を兼ねまして、お祝いの宴を催すことになりました。

 ご多用中誠に恐縮ではございますが、多数のご出席をいただきますようご案内申し上げます。

敬具

平成〇年〇月〇日

                           石倉工業株式会社

代表取締役社長 安達和彦

 

       日 時  〇月〇日(〇)午後〇時~〇時

       会 場  銀座京急ホテル 弥生の間 電話03-000-0000

            銀座駅A12出口徒歩1分 駐車場120台(無料)

 

 なお、お手数ですが、同封のはがきにて〇月〇日(〇)までにご出欠をお知らせいただければ幸いです。

以上