全ビジネス文書



拝啓 新緑の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

 さて、承りますれば、このたびは新会社を創立された由、心よりお祝い申し上げます。貴殿はもとよりご一家の皆様のお喜びもさぞかしと存じます。

 貴殿のすぐれたご采配をもってすれば、新事業は必ずや飛躍的な発展を遂げられることと存じます。ますますのご活躍を心からご期待申し上げます。

 なお、ご披露の席にご招待を賜り、誠にありがとうございます。喜んで出席させていただきたいと存じます。

 本来ならば参上してお祝いを申し上げるべきところですが、ご多忙のことと存じますので、略儀ながら書中をもってご祝詞申し上げます。

敬具

 

平成〇年〇月〇日

 

                           東京工業株式会社

代表取締役社長 川野則秋