全ビジネス文書



部内定例会議報告書

 

テ ー マ

記録者

山辺ゆかり        

栄養補助食品の置き薬方式セールスの検討

日 時

○月○日 13時~15時

場 所

2階小会議室

司 会

販売課長 三木英男氏

議事経過

出席者

林販売部長、三木課長、坂本課長、小山主任、田中、友沢、山辺

 

コンビニでの栄養補助食品の売上はほぼ若い女性客によるものである。富山の置き薬方式により会社に商品を持ち込むことで男性客を獲得できないか。

営業、商品補充の手間やコストと利益が見合うか。

既存卸先と競合する地域が多い。

ダイエット関連、視力アップ・肝臓機能アップなどのビタミン剤の需要が期待できる。

やはり中心顧客は女性だが、職場の男性は影響されて買うのではないか。

代金回収もれがない販売方法として何が考えられるか

欠席者

なし

決 定 事 項

 

既存卸先と競合しない地域に限定して試験的に実施を検討する。

気軽に手を出しやすい1回分パックの商品を対象にする。

中心顧客である若い女性の多い職場に営業。

お金を入れると開く簡単な自販機ボックスを作る。

配布資料:首都圏コンビニエンスストア売上実績(○年○月~○月)